「健康とは、病気でないとか、弱ってないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態であること。」(WHO憲章(日本WHO協会訳)

 

健康とういうのは、体・心・環境や人間関係が相互に作用し合い、これらの作用により、その人の健康状態はできていると思います。

 

体や心に不調があると、環境への適応力や人間関係にも悪影響がでてきます。

 当院では、不調をきたしている体や心に届く施術を心がけております。

 

このブログでは、自身でできる健康管理や季節によって気をつけるべきことを載せていきたいと思います。

過敏性腸症候群

2017/05/28 投稿

こんにちは!

 

今回は、「過敏性腸症候群」について紹介したいと思います!

 

過敏性腸症候群は、はっきりとした原因は分かっていませんが、小腸・大腸など腸全体に機能異常がある事が分かっています。また、生活習慣やストレスなどが腸の症状に大きく影響を及ぼします。


 他にも、過敏性腸症候群を患っている人の一部は、感染腸炎の後に発症することも明らかになってきています。

 <症状>

下痢型・便秘型・交代型があり、男性では下痢型が多く、女性では便秘型が多くみられます。

 その他、腹部膨満感、腹鳴(お腹がゴロゴロなる)、ガス症状などがみられ、さらに、疲労感、抑うつ、不安感、集中力の欠如などの症状もみられる事があります。

 


<注意点>
過敏性腸症候群と診断されたとしても、その後・・・


・貧血症状がある。
・体重が減少する。
・血便がある。
・発熱を伴う。
・以前、胃や腸に悪性の腫瘍が見つかっている。


という方は、他の病気が隠れている可能性がありますので、専門医に診てもらうようにして下さい。

 

<対策>
過敏性腸症候群は、ストレスや生活の乱れによって引き起こされる事が多いので、改善には、生活を見直す事が大切です。

 食事後にお腹の異常を感じたら、食べた物を記録してみると何らかのパターンが分かるかもしれません。食べ方も、大食い、早食いなどの食べ方も関連する事がありますので、腹八分、ゆっくり噛んで食べる事を心がけて下さい。



 他にも、アルコールの多量摂取、タバコ、などは症状を悪化させます。アルコール以外でも、カフェインや乳製品も症状を悪化させる事がありますので注意が必要です。

ストレスの解消も大切です。
 適度な運動は、ストレス緩和だけでなく、腸の動きを刺激するので過敏性腸症候群にも効果的です。

 

当院の整体では、腸のマッサージをして腸の働きを促進する施術もあります。腸内環境は健康管理にとても大事なので、腸内環境が気になる方もぜひ一度お試しください!!

 

「痛い・辛い・動かしにくい」と感じたら、

 

 

092-791-6185

エントリの続きを読む »

代謝の活性方法

2017/05/24 投稿

 

 代謝機能が低下していると、
・低体温
・冷え
・低血圧
・目の周りのむくみ
・皮膚のカサつき
・肥満
・便秘
・髪の毛が薄くなる
・低血圧
・高脂血症


など、様々な症状があらわれます。

 

これらの事で、さらなる病気を招く事もあり、体か衰弱してしまうと生命維持を保とうとするために、さらに代謝活動の低下させてしまいます。

代謝の低下の原因としては、加齢、食べ過ぎ、筋力の低下、無理なダイエット、過労やストレス、冷え、自律神経の乱れ、保存料などの毒素、その他代謝機能を下げる疾患など様々なものが原因となります。

 

代謝機能は、10代前半が最も高く、20歳を超えると一年につき2%ずつ低下していくといわれています。

上記の症状予防・改善や病気の予防には、代謝機能を高めることが大切です。

 

 

代謝機能をあげるには、
・バランスのとれた温かい食事を十分にとる
・十分な睡眠
・ストレスを溜めない
・筋力の強化


などの生活習慣の改善や環境の改善はもちろん、

 

・座っている時も、立っている時も、正しい姿勢を心がける

・腹式呼吸
・緑茶を飲む
・半身浴
・同じ姿勢で仕事をする時は、1〜2時間に一回は体を動かす。また、通勤時にはできるだけ歩くように心がけたり、階段を利用するようにする
・冷房に当たりすぎなど、体を冷やし過ぎない


なども大切となります。

 

食べ物では、

○体を温める食品

トウガラシ・生姜など。

 

○代謝を高める食品

大豆、肉類、魚類など。

 

○代謝をサポートする食品(ビタミンB群)

大豆製品、ウナギ、レバー、豚肉、青魚、豆類、卵など。

 

○代謝を促進する(ヨウ素)

海藻類、牡蠣、イワシ、サバ、鮭、パイナップルなど。

 

これらの食品は一部ですが、普段の食生活にバランスよく取り入れましょう。

また、精神バランスも大切となるため、円満な家庭、良い相談相手、生きがい、興味や関心なども大切です。

 

 

 

「痛い・辛い・動かしにくい」と感じたら、

 

 

092-791-6185

 

エントリの続きを読む »

代謝

2017/05/23 投稿

代謝とは、食べ物などを分解し、体内で化学的変化をさせ、不要なものを外部に放出することをいいます。

この分解・化学的変化の過程で人は生命を維持するためのエネルギーを得ることとなります。

代謝には、新陳代謝、基礎代謝、実質代謝の3つがあります。

 

 

 

新陳代謝
一般的に代謝とよばれているもので、体中の古くなった細胞や組織を破壊し、新しいものへと作り変えるために必要なエネルギーのことです。

ツメや髪の毛が伸びるものは新陳代謝によるものです。

 

基礎代謝
人が生命を維持するために最低限必要なエネルギーのことです。

体温の維持・内臓や脳の活動などがそれに当たります。

 

実質代謝
基礎代謝も含め、立つ・歩く・バランスをとるなどの体の働きや運動も含めた生活を送るために消費するエネルギーのことです。

そのため、実質代謝は体を動かす仕事や運動を行うと実質代謝は高くなります。

 

これらの代謝を円滑に行うためには、内分泌腺より分泌されるホルモンが必要となります。

 

ホルモンは100種類以上あり、その働きは代謝を促す他にも、呼吸、循環、消化吸収などの働きを促す他、体の恒常性を保つためのホルモン、体に何らかの危機が迫ったときにも分泌されるホルモン、ホルモンの分泌を抑制するためのホルモンなど様々な状況で、必要な時に、必要な量を、必要とする部位へ、必要な期間・時間送り届けます。

 

次回の健康管理では「代謝の活性方法」について載せたいと思います!!

 

 

 

「痛い・辛い・動かしにくい」と感じたら、

092-791-6185

エントリの続きを読む »