健康管理

「健康とは、病気でないとか、弱ってないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態であること。」(WHO憲章(日本WHO協会訳)

 

健康とういうのは、体・心・環境や人間関係が相互に作用し合い、これらの作用により、その人の健康状態はできていると思います。

 

体や心に不調があると、環境への適応力や人間関係にも悪影響がでてきます。

 当院では、不調をきたしている体や心に届く施術を心がけております。

 

このブログでは、自身でできる健康管理や季節によって気をつけるべきことを載せていきたいと思います。

風邪の漢方的ケア

2018/01/19 投稿

 こんにちは。

 

今の時期、寒さや乾燥で風邪やインフルエンザが流行っていますが、初期の風邪気味の時にケアをすることが大切になっていきます。

 

今回、漢方的視点で 風邪気味の段階でできるケア方法を紹介したいと思います。

 

 


<風邪の症状>

くしゃみ、鼻水、咳、発熱などの症状を感じる風邪のことを「風邪症候群」と呼ぶそうで、鼻や気管支などに炎症を起こす呼吸器の病気の総称。


「風邪は万病の元」と言われるように、免疫力が弱っていると症状が長引き、肺炎などの合併症を起こすこともあるため、注意が必要です。


<漢方からみる 風邪のタイプ>

季節や体質によっても違いますが、大きく分けると・・・発熱があり痰が粘っこくなる「熱」タイプと、寒気が強く鼻水が出る鼻風邪の「寒」タイプがあり、ケア方法も変わってきます。




<タイプ別 予防と改善方法>

★「寒」タイプ

鼻水や頭痛、筋肉痛、関節痛、発熱による強い悪寒を感じるタイプ。


(対策)体を温め、発汗作用のあるものを摂る。

(オススメ食材)生姜、ネギ、シナモン、しそ、香菜 など。



★「熱」タイプ

喉の痛みと腫れがあり、冷たいものを欲しくなったり、鼻水・痰が粘りがある状況。


(対策)辛みがあり、体を冷やす食べ物を摂る。

(オススメ食材)ペパーミント、菊花、大根、ごぼう、梨など。



★「気虚」タイプ

免疫力が弱く、体力がないため、もっとも風邪を引きやすく、引くと長引くことが多いタイプ。


(対策)ストレスや過労が原因で免疫力が落ちていることが多いため、体を休めて疲めて、十分な睡眠が大事。

(オススメ食材)長芋、しいたけ、なつめ、ぶどう、栗など。



<風邪の引きはじめに オススメ食材>

唐辛子、シナモン、ペパーミント


****************

 

「 頑張れる!! ココロ と カラダ へ 」

 

はじめての方
http://www.ropponmatsuseitai.jp/

 
整体コース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/zheng-ti-kosu/

 
リラクゼーションコース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/rirakuzesiyonkosu/

 
ボディケアコース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/bodeikea/


組み合わせコース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/xin-siipezi



エントリの続きを読む »

黒ゴマ 栄養素&レシピ

2018/01/13 投稿

 こんにちは。

漢方では、昔から黒色の食べ物は、栄養と潤いを与えると言われ ホルモンバランスを整え、子宮や卵巣の老化予防に良いと考えられてきました。

 



その中でも、黒ごまは特にアンチエイジング効果や滋養強壮の作用があると言われ、
白髪予防や肌の乾燥、かすみ目、コレステロールの上昇を抑えるのにも効果的なので ぜひ普段の食事にも積極的に取り入れたい食材です。


(漢方では、「脾」「肺」「肝」「腎」に働きかけると考えられます。)

注意点:殻が固く、消化されにくいので、煎ったりすったり、ごまペーストなどにして利用するのがオススメ。

 



<黒ごまの栄養素>

良質の脂質、たんぱく質、食物繊維、牛乳の10倍以上のカルシウムや鉄分が豊富に含まれている。
1日 大さじ1~2杯が目安。



<オススメのレシピ>

●ご飯にごま塩 →天然塩とすりごまをフライパンで煎ったものをふりかける。

●トーストにごまペースト →はちみつやクリームチーズと塗ったり、きなこやシナモンをふりかける。

●すりごま 追加レシピ →牛乳、味噌汁、蕎麦やそうめんのつけだれ、おひたし、豚しゃぶサラダなど。

 

 

 

 

 

****************

 

「 頑張れる!! ココロ と カラダ へ 」

 

はじめての方
http://www.ropponmatsuseitai.jp/

 
整体コース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/zheng-ti-kosu/

 
リラクゼーションコース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/rirakuzesiyonkosu/

 
ボディケアコース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/bodeikea/


組み合わせコース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/xin-siipezi

エントリの続きを読む »

シワの漢方的ケア

2018/01/12 投稿

こんにちは。

 

乾燥してくると肌も乾燥して 目や鼻の周りなどのシワが気になること多いですよね。。

今回、シワを漢方的な視点でのケア方法を紹介したいと思います。

 


<シワの症状>

シワには大きく2タイプあると言われています。

●肌の保水力の衰えによる乾燥からできる小ジワ(乾燥ジワ)

●紫外線や加齢によって真皮層のコラーゲンが破壊・減少してしまい、
 肌の張りや弾力がなくなってできるシワ


小ジワは保湿をすることで改善できますが、他のシワは一度できてしまうと
なかなか元に戻りにくい為、予防が大切になってきます。



<漢方的視点>

漢方では、内臓の状態が肌にあらわれると考えられます。

そして、体内の水を全身に行き渡らせる働きをしている「肺」と「腎」が深く
関わっています。


そのため、「肺」と「腎」の力が衰えると、体内の水分が不足し、表面のシワとなって
あらわれると言われています。



●「肺」機能を高める オススメ食材
高麗人参、しそ、長芋(山芋)、はと麦、くるみ、玉ねぎ、レンコン、梨など。




●「腎」機能を高める オススメ食材
黒ごま、クコの実、長芋(山芋)、羊肉、うなぎ、あわび、くるみ、にら、栗、ぶどうなど。



<予防>
シワの予防には、
豚足、鶏の手羽、牛すじ、すっぽん、レバー、フカヒレ、など
コラーゲンをたくさん摂れる食材を積極的に食べ、質の良い睡眠を心がけることが大切になります。


また、高麗人参が特にオススメです。

高麗人参は、体を元気に内臓の機能が回復し、肌にも張りが生まれ
シワやタルミの改善に効果的です!

ぜひ シワのケア情報のひとつとして 参考にしてみてください^^

 

****************

 

「 頑張れる!! ココロ と カラダ へ 」

 

はじめての方
http://www.ropponmatsuseitai.jp/

 
整体コース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/zheng-ti-kosu/

 
リラクゼーションコース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/rirakuzesiyonkosu/

 
ボディケアコース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/bodeikea/


組み合わせコース
http://www.ropponmatsuseitai.jp/xin-siipezi

エントリの続きを読む »

福岡市中央区六本松3丁目11-33

エステートビルF201  (国道202号線沿い)

TEL092-791-6185

駐車場あります (ビル裏3番 真鍋)

六本松駅より徒歩5分

福岡縣護国神社より徒歩1分

大濠公園より徒歩6分